筋トレ

【筋トレ】大腿四頭筋

大腿四頭筋とは外側広筋、内側広筋、中間広筋、大腿直筋からなる表層の筋肉。内転筋は内側の筋肉。

まずはケトルベルでワイドスクワットを行い、内転筋を攻める。普段は内転筋のほうが相対的に強く、ヒップスラストでの上下の際にすぐに膝が内向きに動いてしまう。すると、大殿筋にはなかなか効かせられず、膝上の筋肉もしくは膝関節ばかりだるさが増加する。先生に膝を抑えてもらって、膝が内向きにならないようにすると、しっかりと大殿筋に入り、おそらく外側広筋にも効いているのだと思う。

思うというのは、この時点で、相当に疲れていて、すでに膝が生まれたての小鹿状態でプルプルし始めている。相当に集中していてもどこの筋肉に効かせられているか、冷静に判別しようとしても困難である。

ここからさらに追い込み、加重のスクワットと自重のスクワットで追い込む。先生は優しいが、厳しい、ありがたい。

何セットかやって、デッドリフトでさらに下半身を追い込み、腹筋やって追い込み、平日の夜の1時間などはあっという間に過ぎ去る。

自宅が近くて本当に良かった。しんどすぎて、あまり食は進まず、もう風呂に入って、溶けるように眠るだけ。

余計なことを考えなくて済むので、週2くらいでやりたいくらい。